社会福祉法人 絆友会

Ⓒ Copyright 2020 hanyuukai All reserved
よくある質問
プライバシポリシー
/
多くのメディアで活躍している「匠」が作った数々の遊び場。
【保育方針】生き抜く力を育む保育


施設の考え方

TOP

もの作りにこだわった環境
本物に触れることで広がる子どもの学び
いつでも木に触れられる環境というのは、心身共に健やかに保ち育みます。
木は長時間かけて育ち長く使い続けていける素材。時間の経過とともに
愛着など人の営みとの深い絆を生み、人や自然を大切にする思いやりを育むきっかけとなります。
実際に木に触れたときの子どもは多くの発見や驚きがあります。
木目っていろいろな形にみえるんだ・・・
木ってこんな匂いがするんだ・・・
木によって手触りが全然違う・・・
木から出る音はこんな音なんだ・・・などなど

便利な世の中になった半面その現代の子どもは、リアルなものに触れる機会の多く失ってしまいました!
スマホやテレビに映っている画面の中の自然、市販で売られているおもちゃでは、子どもたちの得られる情報量は極端に少ないのです。
リアルなものに触れてこそ子どもたちは、多くの発見や驚きがあり、そこから育んだ気持ちは学びとなり、遊びへと昇華され、やがて大きな発達の兆しとなるでしょう。
絆友会のご紹介する、DIYもそんな現代社会の子どもたちに必要不可欠なものです。
発見と驚きを与え大きな成長を導いてくれるでしょう。


絆友会のDIY紹介
絆保育園では、おままごとグッズや棚やベンチなど、木材を加工し、
色を塗り、繋げ作り上げることにこだわりを持って取り組んでいます。
   長時間を過ごす保育園は、
子どもたちにとって「第二の家」です。
大人も、子どもも心地よい絆保育園の園舎には、子どもたちの育ちを促すたくさんの工夫があります。
施設の考え方
おままごとスペース
絆保育園には、金井良一さんの手掛た遊具が数多くあります。

廃材のスタイリスト~ 金井良一さん
もの作りにこだわった環境

いつでも楽しめる環境
絆友会の室内クライミング
身体全体を使うだけでなく、色を決めて進むなど頭で考える力も必要です。
落ち着いた空間作りや夢中にさせるものがいっぱい

保育園が楽しくなる仕掛け


【入園案内】
戻る
水槽
知育遊具
室内巨大遊具
巨大な鏡
【保育目標】絆を大切にする思いやりのある子どもに
【保育環境】施設の考え方
メニュー
おままごと小屋
本  棚
社会福祉法人 絆友会